サイトへ戻る

死と隣り合わせの仕事のストレス

こみっとのTwitterより

こみっとでは、Twitterを利用した情報発信と共有も行っています。

例えばコチラの投稿。

在宅医療が進められている背景と、それを踏まえた医療従事者の在り方。

誰かが損をするようなシステムでは、日本という国はこの先大変な状況に陥っていくのは明らかです。

新しい技術を使い、誰もが自分の満足できる医療を享受できる。

そんな流れをこみっとでは模索していきたいと考えています。

しかし、現場においてはコチラの記事のようなことが起こります。

医療提供者だけが頑張れば良いというのは、過去の負の遺産です。

"白衣の天使"なんて言葉は正にその象徴でしょう。

医療従事者も人間であり、辛い時や悲しい時だってあります。

そして、それは仕事の場面で常に隣り合わせです。

昨日まで話していた人が、あっという間に亡くなっていく。

そんな環境にいても、笑顔を絶やさず頑張っている人がいるから医療は今何とか保てているといっても過言ではありません。

特に管理者として仕事をしていく人は、"マネジメント"という技術を身につけましょう。

一緒に働く仲間を守らなければいけません。

 

こみっとでは、仲間を守り、活き活きと仕事が出来る環境を作っています。

それではまた。

こみっと代表 福留良尚

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK